23/05/2019 09:27 GMT+7 print

フック首相 ロシアとの関係を強化する方針

ロシアを公式訪問するにあたり、ベトナムのグエン・スアン・フック首相は、ロシアのタス通信のインタビューに答えました。
その中で、フック首相は、「ベトナムとロシアの全面的な戦略的パートナシップは良好に発展しており、中でも、政治的相互信頼は高いレベルにある」と強調しました。両国は各レベル訪問団を頻繁に交換しており、友好関係の基本的原則に関する条約締結25周年と、外交関係樹立70周年を記念する様々な活動を両国で行っているとしています。

経済関係について、フック首相は、「ロシアが加盟しているユーラシア経済連合とベトナムとの自由貿易協定が発効してから、ベトナムとロシアの経済協力は著しい成長を見せており、その中で、石油ガスや発電分野の大きな協力プロジェクトが展開されているとともに、文化・スポーツ・観光などの分野における協力も拡大されている」と明らかにしました。

また、フック首相は、「今回のロシアを訪問中に、ロシアの指導者らと会談・会見し、両国の指導者らが達成してきた合意の展開状況を点検したうえで、すべての分野における両国の協力関係をさらに強化するための措置について話し合う予定である」と述べました。中でも、双方は、石油ガスや交通インフラ整備、電子政府づくりなどの分野における大規模なプロジェクトについて集中的に話し合うとしています。

フック首相は、「両国は、エネルギーと軍事技術の分野における協力の余地が大きいと述べ、これは、ベトナム・ロシア全面的戦略的パートナシップの重要な柱である」と強調しました。また、石油ガスの他、太陽光発電や風力発電などの再生エネルギーも両国の新しい協力方向であるとしています。
ソース:VOV