18/05/2019 18:26 GMT+7 print

日本 ベトナム双方が観光の主要な市場

互いに相手国を旅行する両国の国民は2020年に150万人に達します。
日本駐在ベトナム大使館のラム・タイン・フォン副大使は、日本はベトナム観光の主要な市場であると述べ、互いに相手国を旅行する両国の国民は2020年に150万人に達するという目標が達成されるであろうとの考えを示しました。これは、14日にベトナム中部ダナン市で開催された同市の観光に関する会議で出された発言です。
互いに相手国を旅行する両国の国民が100万人を超えたのは2017年のことです。2018年、この数は120万人に達していますが、その中で、ベトナムを訪れた日本人観光客は82万人以上で、日本を訪れたベトナム人観光客は39万人でした。両国の観光客が増えている要因の一つは、両国を結ぶ直行便の増加であるとされています。なお、現在、各航空会社が運営している両国の直行便は週120にのぼっています。
ソース:VOV