16/05/2019 10:08 GMT+7 print

世界の平和を祈願する灯篭流し

ミン副首相兼外相は「仏様に対する仏教徒の尊敬と信念を基に、平和な世界を作りだすため力を合わせるよう」呼びかけました。
世界の平和を祈願する灯篭流し - ảnh 1                   (写真:TTXVN)
北部ハナム省で開催中の国連ウェーサーカ祭2019の枠内で、13日夜、ハナム省タムチュク仏教文化センターで、世界の平和を祈願し、ロウソクの灯をのせて、川に流す
灯篭流しという大規模な行事が行われました。
現場の音
行事で、ファム・ビン・ミン副首相兼外相は「現時点で、世界の多くのところでは戦争、衝突、自然災害が発生している。多くの人々は平和の中で、生活を送ることはできない。仏様に対する仏教徒の尊敬と信念を基に、平和な世界を作りだすため力を合わせるよう」呼びかけ、次のように語りました。

「タムチュク寺の神聖な敷地で、我々は世界の平和、国民の安泰を祈願する灯篭流しに参加します。今後も、仏教徒を始め、ベトナム国民が仏教の真髄を生かして、ベトナムの伝統的文化を豊かにすると共に、平和、かつ、持続可能な発展のベトナム作りに寄与するよう呼びかけます」
ソース:VOV