03/05/2019 10:17 GMT+7 print

ベトナム仏教の道

ハノイ‐ミードゥック郡のフオン寺、ハナム省、キムバン郡のタムチュック寺、ニンビン省のバイディン寺は美しい風景のある、ベトナムにおける仏教の流布の起点を表わし、巡礼観光を作り、観光客たちは風景を見たり寺を参拝したりできる。

仏教土地への巡礼
私たちは平安と幸運を祈るために、フオン寺を参拝した。チン神殿に寄り、ティエンチュー寺を参拝するために、チョー渡船場から船に乗った。ティエンチュー寺はフオン寺全体の中の主な寺であり、レー・タイン・トン王時代(1460年から1497年)に建立された。
昔から、フオン寺は北部の有名な巡礼観光場所であり、多くの寺と神殿を含む集合体である。



フオン寺群体を訪問するために、イエン川で船に乗る観光客たち。撮影:タット・ソン


フオン寺区域内にあるチン神殿の一部。撮影:タット・ソン


ティエンチュー寺からフオンティック寺へはロープ―ウェイで移動できる。撮影:タット・ソン

春、信者たちは参拝するために、フオンティック寺に集まる。撮影:タット・ソン

数多くの仏教徒は杖で、朝早くから石の階段に登る。その他、観光客たちはフオンソン山、森の素敵な風景を見ながらゴンドラに乗って移動できる。
フオン寺区域内のフオンティック洞窟は人々の心霊を表わす数多くの鍾乳石があるフオン寺祭りは陰暦1月から3月まで行われる。


「グエン・ミン・クオン国司‐リー時代(1066年から1141年)は人民の病を治療する薬草を探すために、ニンビン省からハノイのミードゥック地域までへ来た。グエン・ミン・クオン国司は美しい洞窟に到着した時、お寺を建立した。現在、ベトナム仏教協会とスアンチュオン会社は、ミードゥック郡のフオン寺、ハナム省‐キムバン郡のタムチュック寺、ニンビン省のバイディン寺を繋ぐ総延長100kmの巡礼観光道を建設した。ティック・ミン・クアン(Thich Minh Quang)バイ・ディン寺の常任副僧正

タムチュック寺-2019年国連ウェーサーカ祭を開催する場所

タムチュック文化観光地は面積5000haの国立観光地として公認された。タムチュック文化観光地は仏の伝説について1万2千点の絵と1000本の石の柱がある。タットティン山頂には、ゴック寺がある。タットティン山頂から、タムチュック文化観光地の素敵な風景が見える。国連の2019年ウェーサーカ祭はタムチュック文化観光地で、2019年5月12日から14日まで行われる。このイベントはベトナム国の人間を紹介し、ベトナム観光を広めるチャンスである。



ロマンチックな風景で、タㇺチュック文化観光地はハーロン湾のようである。撮影:タット・ソン


39メートルの高さ、5400平方メートルの面積で、タㇺクック寺のタㇺテー神殿は5000人が収容できる撮影:クアン・ロンVới 


ゴック寺の宝石の仏像を参拝する数百人の仏教徒。撮影:クアン・ロン


ベトナム、インド、インドネシアからの職人により描かれる仏伝説についての絵はタㇺ・クック寺にある。撮影:クアン・ロン

ゴック(Ngoc )寺のロマンチックな風景。撮影:タット・ソン

現在、ハノイ、ハー・ナム(Ha Nam)省、ニン・ビン(Ninh Binh)省を繋ぐ交通システムは便利であり、タム・チュック寺はフオン寺とバイ・ディン寺間の真ん中にあある。この3つの寺群体は心霊行程を作り出し、国内外の観光客たちの仏教信仰、観光の要求にこたえる。

「バー・ディエム・デン(Ba Diem Den)-モット・コン・ドゥオン(MotCon Duong)」道はフオン寺、タム・チュック寺、バイ・ディン寺をつなぐ道であり、各省により建設された。

チャンアン遺跡・バイディン寺Nước non Tràng An - Bái Đính

1000年前に、ニンビン省はディン時代、ティエンレー時代、リー時代の京であった。1136年に、リー・ミン・トン国司はリー・タン・トン王治の病の治療のための薬草を探している時、ディン山中で岩窟を発見し、そこにお寺を建てた。現在、昔の仏教発展の軌跡は古いバイディン寺に保存されている。



チャンアン遺跡群は特別な天然風景、霊的な歴史遺跡で、ユネスコにより、世界自然遺産として公認される。撮影:タット・ソン


ニンビン省のバイディン寺で開催される2014年のウェーサーカ祭。撮影:ルオン・スアン・ナム

バイディン寺で参拝する観光客たち。撮影:クアン・ロン


バイディン寺は500体の石の羅漢像が並ぶ1700メートルの廊下があり、この廊下はアジアで最長の廊下として知られる。撮影:タット・ソン


チャンアン世界遺産を訪問する観光客たち。撮影:タット・ソン

2003年、スアンチュオン会社はバイディン寺を修復し1,000㎡に拡大した。この寺はベトナム人の信仰に適した伝統的な建物である。
バイディン寺は山の中腹にあり、寺の周りには谷、池、造園がある。この空間は観光客に、平安な感覚を与える。バイディン寺はチャンアン名勝地に属し、世界の100ヶ国からの仏教団の代表数千人の参加で、2014年のウェーサーカ祭、2018年のウェーサーカ祭が開催された場所である。


バイディン寺は東南アジアの最大の信仰の中心として知られ、アジアの最大の金の仏像、アジアの最長の羅漢廊下、アジアの最高の仏舎利塔、東南アジア最大の銅の弥勒仏などの記録がある。
フオン寺区域、タムチュック寺、バイディン寺の各観光地の開発はハノイ、ハーナム省、ニンビン省と観光局によって実施してきた。
 
文:ガン・ハー
写真:タット・ソン、クアン・ロン