10/11/2018 12:22 GMT+7 Email Print Like 0

JALカーゴ、ベトジェットエアカーゴの貨物販売総代理店に

日本航空株式会社(JAL、東京都品川区)の貨物事業部門であるJALカーゴ(JALCARGO)は、急成長中の地場大手格安航空会社(LCC)ベトジェットエア[VJC](Vietjet Air)が8日に関西国際空港~ハノイ市ノイバイ国際空港間の直行便を新規就航したことに合わせて、6日より日本地区でVJC傘下のベトジェットエアカーゴ(Vietjet Air Cargo)の貨物販売総代理店(GSA)業務を開始した。

 VJCは、11月8日に大阪~ハノイ線を、12月14日に大阪~ホーチミン線を、また2019年1月11日に成田~ハノイ線をそれぞれ就航し、日本~ベトナム間の直行便を3路線とする。

 また、これに先立ち、JALとVJCは10月28日よりVJCが運航するベトナム国内線の一部の路線と日本~ベトナム間の路線でコードシェアを開始しており、今後もJALの運航便を含めたさらなるコードシェア路線の拡大や、マイレージ提携の実施に向けて検討していく。
ソース:www.viet-jo.com