12/07/2019 09:13 GMT+7 Email Print Like 0

ISO認証を取得する国内最初のHCM市トンニャット病院

患者の安全、血液透析療法の質的向上などを確保するために、血液透析の仕組みにおける担当医師の役割や任務を明確に定めることになります。
10日、ホーチミン市トンニャット病院の人工腎臓科は、ISO=国際標準化機構から国際規格であるISO 9001:2015の認証を取得しました。これは、血液透析業務に関わる国際規格を取得する国内最初の病院となっています。

ホーチミン市トンニャット病院の人工腎臓科のグエン・バック科長によりますと、ISO規格は、血液透析の医療事故によるリスクを回避するためのです。これに基づき、患者の安全、血液透析療法の質的向上などを確保するために、血液透析の仕組みにおける担当医師の役割や任務を明確に定めることになります。

現在、ホーチミン市トンニャット病院の人工腎臓科は、毎日平均30人の患者が入院治療を受けているほか、80人の血液透析患者がいます。
ソース:VOV