14/01/2015 09:06 GMT+7 Email Print Like 0

HCM市、エイズ感染児保護ケアーを強化

13日、ホーチミン市で、同市労働傷病軍人社会事業局はUNCEF=国連児童基金ベトナム事務所と協力し、「2015~2016年期における子どもの友人プロジェクトの一環としての子ども保護行動計画の作成」に関するシンポジウムを開催した。

席上、同局は、「今後、エイズ感染児を保護・教育する半寮制の学校を試験的に設立する」と明らかにした。

一方、ベトナムでのユニセフの子ども保護プログラムの責任者レー・ホン・ロアン女史は「今後も、ホーチミン市は緊急サービスをはじめ、子どもの保護を政策と資金面で強化していく必要があります。」とし、「ホーチミン市の子ども全面的保護政策の作成作業を支援します。これは、特別な状況に置かれる子どもの社会復帰や、搾取・暴行からの保護などに寄与します。また、子供保護に携わるネットワーク作りにも力を入れます。」と述べた。
ソース:VOV