07/09/2015 10:05 GMT+7 Email Print Like 0

G20、経済回復の維持のために行動

5日、トルコのアンカラで開かれていたG20財務相・中央銀行総裁会議は経済の回復を維持するため断固たる行動をとるとする共同声明を採択し閉幕した。

中国から始まった世界同時株安への懸念が強まる中、今回の会議でも中国経済が大きなテーマとなった。声明では一連の騒動の引き金となった人民元の切り下げを念頭に、自分の国の輸出を有利にするための通貨安競争をしないよう、中国をけん制した。

一方、声明はアメリカが検討している利上げについて新興国から資金が流出する懸念が強まっていることから、慎重な判断を求めた。そして、「世界の経済 成長は期待する水準に達していない」として、今後、経済の回復を維持するため、各国が断固たる行動をとることを確認した。
ソース:VOV