12/03/2020 16:42 GMT+7 Email Print Like 0

ASEAN、「海上と大洋に関する憲法」を実施に堅持

ASEANは「海上と大洋に関する憲法」の中の1982年の海洋法に関する国際連合条約(UNCLOS)の重要性とその各国の海上の活動を調整させるための法律を設立することの基本であることを確認する。ベトナムはASEANの各国とともに、ASEANの文書にその憲法、特に南シナ海における関連国の行動宣言(DOC )及び東部海域についてASEANが2012年7月20日で発表した6項目の宣言を入れることに努力する。
1982年の海洋法に関する国際連合条約(UNCLOS)は「海域と大洋に関する憲法」であり、国内、地域、国際レベルでの海の利用と協力のすべての活動の法的基盤です。今まで、168ヶ国はその条約を実施する。その条約は世界の常識になる。そのため、その条約は1945年後の国連憲章に次ぎ、第2番の重要な世界の法的な文書であるとみなされる。

第9回ASEAN海洋フォーラム(AMF)と第7回ASEAN海洋フォーラム拡大会合(EAMF)において、ASEANの各国が批准した文書は海洋廃棄物の防止するASEANの指導者の宣言、廃棄物の問題を解決する行動枠、違法操業、IUU漁業( Illegal‐違法、Unreported‐無報告、Unregulated‐無規制)で行なわれる漁業のことなどである。他は、ASEANの各国は各国間信用し、経験を分かち合い、海上法を実施する各国の能力を向上させる活動も行った。


チュオンサー島におけるダタイB島にある灯台
撮影:ベトナムフォトジャーナル



バック・ホ鉱区
撮影:チャン・ミン・ソン-ベトナム通信社



カインホア省チュオンサ県におけるソンカ島
撮影:フイ・フン-ベトナム通信社



カインホア省チュオンサ県のチュオンサー寺
撮影:ベトナムフォトジャーナル



キエンザン省フークォック県のアントイ港に停泊する漁船
撮影:ゴック・ハーベトナム通信社



クイニョン港に停泊するビンディン省の漁師たち。
撮影:ヴー・シン‐ベトナム通信社



2020年02月、ベトナム海運救難センターのSAR 412船は海上で災難にあったQB 98532TS号の乗員7人を安全にダナン市へ搬送した。
撮影:ベトナム通信社



西南の海上で操業違反の船を検挙した402海運の海の警察
撮影:フイン・テー・アイン―ベトナム通信社



カインホア省のチュオンサー県の風力発電
撮影:ベトナムフォトジャーナル



ダナン海でプラスチックごみを回収する
撮影:ベトナムフォトジャーナル

 

ベトナム外務省のグエン・クォック・ズン次官はこの25年間、ベトナムは1982年の海洋法に関する国際連合条約(UNCLOS)を重んじ、東部海域における条約の執行に努力する。ベトナムも海上での問題、紛争を国際法と1982年の海洋法に関する国際連合条約(UNCLOS)で平和的方法で解決する。

その主張を実行するために、ベトナムはタイ、中国、インドネシアなどの国と海域の判定についての条約に調印した。今、ベトナムは中国と北部の湾外の地区の判定、インドネシアと経済の特権地の判定、他の国との海域の判定に関する協議を促進する。

ベトナムも海域の潜在力を発揮させ、東部海域で平和、安定の環境を作り、解決方法を出すために様々な方法で海域について協力を促進する。

相互の発展のための協力の分野で、ベトナムは1982年の海洋法に関する国際連合条約(UNCLOS)と国連の2030年持続可能な開発目標の「持続可能な開発のために海洋・海洋資源を保全し、持続可能な形で利用する」のテーマの14の目標に基づき、各国と会談すると確認する。その主張で、ベトナムはマレーシアと協力し、鉱産物についての協力を、中国と北部湾で魚釣りと石油に関する協力を維持している。


ベトナムは1982年の海洋法に関する国際連合条約(UNCLOS)に基づき、海を管理し、海を開拓する法律のシステムを完全した。その中、最も重要なのはベトナムが海、島の経済を管理し、保護し、発展させるための法的な基盤である2012年ベトナム海法律である。

文:ベトナムフォトジャーナル
撮影:ベトナムフォトジャーナル、ベトナム通信社