01/03/2018 09:04 GMT+7 Email Print Like 0

APEC後、ベトナムに対する外国投資が急増

28日午前、中部ダナン市で、「APEC後のダナン市への投資チャンス」に関する会議が行われました。

席上、VCCI=ベトナム商工会議所のブ・ティエン・ロック会頭は2017年APECの成功は東北アジアからのベトナムでの投資ブームをつくったと明らかにしました。ロック氏によりますと、2017年APEC、とりわけAPEC首脳会議が開催された後、ベトナム、中でもダナン市は世界各国の注目を集めている。中国で事業を行っている外国の投資家らはベトナムにシフトしています。

また、ベトナムのグリーン成長やダナン市の観光、ハイテク・アグリカルチャー、有機農業などは欧州やアメリカからの投資を誘致する可能性があります。また、ダナン市は投資家に有利な条件を作り出すため、企業の支援や行政手続きの改革を継続しなければなりません。ロック氏は次のように語りました。

(テープ)

「重要なことは行政当局が投資経営環境を改善し、企業は国際基準を満たすよう、能力を向上させることです。今後、VCCIはダナン市や企業協会と協力し、有望な国内企業を選択し、外国人投資家に推薦する計画があります。いくつかの重要な分野での合弁企業の設立を促進する必要があります。」
ソース:VOV