24/02/2017 10:16 GMT+7 Email Print Like 0

APECの財務次官・中央銀行副総裁会議が始る

23日午前、中部カインホア省ニャチャン市でAPEC=アジア太平洋経済協力会議の財務次官・中央銀行副総裁会議が開幕し、加盟21の国と地域、IMF=国際通貨基金、WB=世界銀行、ADB=アジア開発銀行の代表およそ150人が参加しました。席上、ベトナムのチャン・スアン・ハ財務次官は次のように語りました。
(テープ)
「2017年のAPECの財政協力は2016年の成功を生かすとともに、出されたテーマやセブ行動計画に従って、行なわれます。2日間の日程で、会議は地域と世界経済の展望について討議し、チャンスと試練を評価した上で、適切な協力計画を打ち出し、リスクを最小限に削減するとともに持続可能な発展を進めることを狙っています。」
1日目の会議では地域と世界の財政状況、セブ行動計画の展開、インフラ整備への長期的な投資、災害リスクの保険などについて討議が行なわれました。
ソース:VOV