26/02/2017 11:23 GMT+7 Email Print Like 0

APEC、食糧安全保障などを優先

25日、ベトナム中部沿海カインホア省ニャチャン市で行われているAPEC=アジア太平洋経済協力会議のSOM1=第1回高級実務者会合と関連各会議の枠内で、農業農村開発省の主催による食料安全保障に関する政策パートナーシップ会議が28日までの日程で開幕しました。

同省の国際協力局のチャン・キム・ロン局長によりますと、会議で、ベトナムは、農村・都市開発に関するAPECの戦略の実施のための行動計画や、食糧安全保障と気候変動に関するAPECのプログラムの実施のための行動計画、気候変動適用のための持続可能な発展と食糧安全保障の強化に関するカントー宣言といった3つの構想を提案しています。

APEC加盟諸国はベトナムのこれらの構想を歓迎し、「ベトナムはこの会議を周到に準備した。これは、今年8月にカントー市で行われる食糧安全保障・持続的な農業・気候変動への対応に関するハイレベルな対話に前提を作り出すものである」と評価しているということです。
ソース:VOV