13/08/2015 11:03 GMT+7 Email Print Like 0

70周年を迎える8月革命と9月2日の独立記念活動の記者会見

12日午前、ハノイで、大規模な記念行事を担当する国家執行委員会は記者会見を行い、8月19日の8月革命と9月2日の独立記念日を迎える諸活動について紹介した。これに基づき、9月1日夜、外務省は、ハノイに駐在する各国外交団との祝賀会を主催する。その翌日の2日午前に、バーディン広場で集会やパレードが行なわれます。同日夜に、首都ハノイ市内のホアンキエム湖、トンニャット公園、ハドンのバンクアン湖、ミーディン国立競技場、及び西湖の5つの箇所で花火が打ち上げられる予定である。
中央教育宣伝委員会のブイ・テ・ドック副委員長は「8月革命と独立記念日70周年を記念することは大きな意義を持っています。1945年当時、ベトナムの党と全国民はフランスが支配していた各国の中で、自国の抗戦事業に成功 しました。その後、およそ30年間にわたって、ドイモイ刷新事業を実現し、様々な成果を収めてきた」と明らかにした。
ソース:VOV