29/03/2016 09:40 GMT+7 Email Print Like 0

28日午前の国会、活動報告案を討議

28日午前、ハノイで開催中の第13期国会第11回会議は、第13期国会の活動報告案を討議しました。

席上、国会議員らは、立憲、立法、経済社会問題の解決、質疑応答、信任投票などに関する国会の活動を高く評価すると共に、国会の監視活動、法制定と国会議員の質に関する意見を提出しました。第13期国会は憲法と100件の法律を採択しました。
国会議員の質について、幾人かの議員は「多くの困難に直面しているものの、国家と国民は、国会議員の活動に最も有利な条件を作り出してくれた。」と認めました。次期国会の議員活動を専門にする議員いわゆる「専任議員」の増加について、バリアブンタウ省選出のグェン・バン・トウエット議員は次のように語っています。
(テープ)
「専任議員、及び能力のある国会議員の増加は、国会の任務と権限の遂行に寄与します。専任議員は国会、国会直轄機関、国会議員代表団の主要な役割を果たすからです。」
28日午後の国会では、第13期の国会、国家会計検査長官の活動報告案の討議が行われました。
ソース:VOV