23/05/2015 09:59 GMT+7 Email Print Like 0

22日午後の国会、法律文書発布法案を討議

22日午後、ハノイで開催中の第13期国会第9回会議は法律文書発布法案について討議を行った。この法案はベトナム法律システムの完備に向けて法的基礎を作り出すものである。

討議ではこの法案の発布の必要性と内容で一致を示した。しかし、県や村の人民委員会と人民評議会が法律文書を発布する権限を保留するか否かについて疑問が出された。南部ビンロン省選出のファム・タット・タン国会議員は「私は県や村の人民委員会と人民評議会が法律文書を発布する権限を保留する方がいいと思います。県や村での国家管理活動を行う政権機関として、その責任を果たすための手段を持つ必要があるからです。その手段は法律文書の発布権限です。しかし、今回の法案はその権限の履行に関する内容を明確に規定しなければなりません」と述べた。
ソース:VOV