27/02/2020 09:57 GMT+7 Email Print Like 0

2020年の予算歳入に関する目標の達成を目指す

26日、ハノイで、63の省・市の関税局に属する関税支局の開設計画を公表するサテライト会議が行なわれ、グエン・スアン・フック首相が出席しました。

席上、フック首相は「昨年、財務省、関税部門は多くの目標値を達成、ひいては上回り、予算の収支バランスの確保に貢献してきた。また、関税部門は行政手続きを推進し、市民と企業に便宜を図ってきた」と高く評価しました。今後の任務についてフック首相は次のように語りました。

(テープ)

「新型コロナウイルス感染症への対応と経済社会発展を両立させなければなりません。専門家らによりますと、財政部門の政策に依存する必要があります。財務省、関税部門に対し、企業の生産経営に有利な条件を作り出すため、関税政策をはじめ、様々な優遇措置を取るよう求めます。また、中小企業に関税分野で補助しなければなりません。」

このように語ったフック首相は関税部門に対し、民間経済セクターの徴税を管理するとともに、関税手続きの10%を簡素化するよう求めました。
ソース:VOV