16/03/2020 11:24 GMT+7 Email Print Like 0

15日から、欧州諸国などからの入国者に検体採取を

これは15日、ハノイで行われた新型コロナウイルスの感染症予防対策に使用する情報技術応用訓練オンライン会議で、保健省のグェン・タイン・ロン次官が明らかにした情報です。

15日から、ベトナムは国際検問所で、欧州諸国とアメリカから入国する外国人に、新型コロナウイルスの感染の有無を判断するに向けて、検体を採取し、病原体の特定のための検査にかけられます。

これは15日、ハノイで行われた新型コロナウイルスの感染症予防対策に使用する情報技術応用訓練オンライン会議で、保健省のグェン・タイン・ロン次官が明らかにした情報です。ロン次官は次のように語りました。

(テープ)

「新型コロナウイルスの感染の有無を判断するための検査対象を広めるのは保健省の決定によるもので、無料で実施されます。私たちは各地方に対し、この14日間、欧州諸国とアメリカから入国していたすべての外国人の名簿を作成し、検体を採取するよう要請しました。現在、検査の速度が大きく改善されてきました。私たちは関連各機関に対し、24時間以内に、結果を出すよう求めました」
ソース:VOV