30/11/2020 11:16 GMT+7 Email Print Like 0

11月のCPIはやや低下

その原因は、ガソリン価格や、電気代、水道料金が安くなっていることや、消費需要が減っていることなどとしています。
統計総局の速報によりますと、11月のCPI=消費者物価指数は10月と比べ、0・01%低下しています。その原因は、ガソリン価格や、電気代、水道料金が安くなっていることや、消費需要が減っていることなどとしています。
また、冬が訪れていることから、日用品と生活用品の中で、繊維製品や、履物の価格が0・14%上昇しています。今年1月から11月に、CPIは昨年同期と比べ、3・51%増となっています。その中で、都市部は3・13%、農村部は3・87%増加しているということです。
ソース:VOV