12/03/2020 10:03 GMT+7 Email Print Like 0

WHO職員の新型コロナ感染が判明、会議を中止

WTO=世界貿易機関は10日、職員1人が新型コロナウイルスに感染したことが判明したため、11~20日に予定されていた会議を全て中止すると発表しました。

18日と20日の両日に設定されていた日本の貿易政策を審査する会合も、影響を受けることになりました。

スイス西部ジュネーブにあるWTO本部では、各国代表が集まる会議が日常的に開催されています。アゼベド事務局長は「事務局職員と加盟国代表の健康への影響を考慮し、前代未聞の措置を取ることにした」と述べました。
ソース:VOV