17/11/2014 10:17 GMT+7 Email Print Like 0

G20「エボラ熱終息させる」 世銀の支援継続促す声明

15日に開幕したG20首脳会議で、西アフリカで猛威をふるうエボラ出血熱について、「国際的な努力によって流行を終息させる」などとする首脳声明をまとめた。

首脳声明は、「エボラ出血熱の流行を深く憂慮する」と表明するとともに、「深刻な人道的、社会的、経済的な影響が拡大する可能性に注意する」とし、「G20各国は、流行が及ぼす中期的な経済的、人道的コストに対応するため、必要なことを行う」と打ち出した。

そのうえで、「効果的で的を絞った資金拠出などの支援を促進するために取り組む」として、世界銀行グループやIMF=国際通貨基金に対し、影響を受けている国への支援を続けるよう強く促すとともに、経済的影響に対処する新たな枠組みを検討するよう求めた。
ソース:VOV