24/08/2015 09:21 GMT+7 Email Print Like 0

魅力的な粘土細工の花

このごろベトナムで、粘土細工の花が、広まり、ハノイ、ホーチミン市の人々に魅力がある。粘土で、職人たちは美しい様々な花を作った。
ハノイ、カウザイ地区、27号、フンチーキエン通りのBees Shop店の主人であるレー・タイン・チャーさんの花の粘土細工のクラスに数十人の学生は参加する。粘土で花を作ることは日本の芸術であり、職人の創造性、巧みさが求められる。
粘土の花を作る原料は簡単である。主な原料は塩、玉蜀黍のでん粉、プラスチックを含んだ人工的な樹脂粘土である。粘土で花を作る道具は鋏と楊枝である。
クラスの50歳のグエン・ティー・タオさんは「私は手工品を作ることに興味があり、粘土で花を作る芸術に興味を持ちます。」と言った。


カラフルで、人工的な粘土の原料。


原料の粘土は安全でがある。撮影:ヴァン・クイエン


花を作る過程。撮影:グエン・ルアン



花を作る過程。


花を作る過程。撮影:ヴァン・クイエン  

花を作る過程。撮影:ヴァン・クイエン 

花を作る過程。撮影:グエン・ルアン


粘土のゆりの花。撮影:グエン・ルアン



ゴック・ディエップ花店の所有者であるドアン・ティー・ジエム・フオンさん。撮影:グエン・ルアン

ハノイだけでなく、ホーチミン市には、粘土の花を作る芸術は拡大する。ホーチミン市のゴックズエップ店のフオン職人によると、粘土の花は適切な価格で魅力があり、人気がある。
ゴックジエップ店には豊富で様々な花がある。
現在、ホーチミン市は数多くの粘土の花の店がある。数多くの職人は粘土の花を作るクラスを開いている。多くの人々がクラスに参加する。
粘土の花は陳列し、職場、家庭に飾られ、贈り物として使用される。粘土の花は日本、オーストラリア、カナダなどの各国に輸出される。

いくつかの粘土の花の模様


粘土の花。撮影:ヴァン・クイエン



粘土の花束。撮影:ヴァン・クイエン


粘土のバラの花。撮影:ヴァン・クイエン




粘土の欄の鉢。撮影:グエン・ルアン



結婚式に使用される粘土の花束。撮影:グエン・ルアン


美しい粘土の蓮。撮影:グエン・ルアン


正月の雰囲気の粘土の梅の鉢。撮影:グエン・ルアン


粘土の花のバスケット。撮影:グエン・ルアン



粘土の花の絵。撮影:グエン・ルアン

 

                          文:クイン・アン、ソン・ギア
写真:グエン・ルアン、ヴァン・クイエン