01/01/2015 09:27 GMT+7 Email Print Like 0

香港でも鳥インフル、1万5千羽を殺処分 H7型検出

香港政府は12月31日、中国広東省恵州市産の鶏からH7型鳥インフルエンザウイルスが検出されたとして、香港で生きた鳥を扱う卸売市場を同日から閉鎖し、市場の約1万5千羽の鳥を殺処分にすることを決めた。

市場は21日間閉鎖され、検査で問題がないことが確認されれば再開する。広東省では冬に入り、鳥インフルエンザウイルス(H7N9型)の人への感染が再び拡大する懸念があり、香港でも警戒が広がっている。
ソース:VOV