18/04/2018 09:53 GMT+7 Email Print Like 0

障害者のため、「一つの心、一つの世界」文芸交流会

4月18日の「ベトナム身体障害者の日」にあたり、16日夜、ハノイで、「一つの心、一つの世界」と銘打った第15回文芸交流会が行われました。

交流会は身体障害者が困難と試練を乗り越え、社会へ溶け込むように励ますためのものです。席上、困難を乗り越え、事業を起こした上で、雇用を創出している障がい者の話が紹介されました。また、障がい者や孤児の支援に取り組んできた個人、組織、団体などが表彰されました。

現在、全国には障がい者およそ730万人、孤児およそ40万人がいます。これまで、党、国家は常に身体障害者や孤児の生活に配慮している傍ら、支援者らは彼らの支援に力を入れ、その生活水準の改善や権利の保護を目指しています。
ソース:VOV