19/01/2015 09:58 GMT+7 Email Print Like 0

越農業大臣、国際農業大臣サミット 出席

17日、ドイツの首都ベルリンで、第7回国際農業大臣サミットが行われ、FAO=国連食糧農業機関、WB=世界銀行、および、世界70カ国の代表が参加しました。ベトナムからはカオ・ドゥク・ファット農業農村開発大臣率いる代表団が臨みました。

サミットで、農業大臣らは共同声明を発表し、その中で、持続可能なバイオエコノミーの確立に向けた政治的枠組みの形成、貧困解消、栄養失調への対策を呼びかけました。 また、農業大臣らはサミットの参加者に対し、「食糧や再生燃料に関する要求に応えるため、バイオエコノミーの強みの活用や持続可能な生産、適用の確保、食糧安全保障を柱とする農業発展のための枠組みづくりに取り組む必要がある」と強調しました。

これより前に、ベルリンでグローバル食糧農業フォーラムが行われました。フォーラムで、カオ・ドゥク・ファット農業農村開発大臣は全世界の人々の食糧、食品への需要に応えるため、農業を発展させることの重要性を強調しました。
ソース:VOV