28/01/2015 08:58 GMT+7 Email Print Like 0

越米国民交流に関する座談会

VVA=アメリカのベトナム戦争帰還兵協会の代表団によるベトナム訪問に当たり、27日、ベトナム・アメリカ会は、「越米国民交流」に関する座談会を開催した。

これは、両国国民間の交流活動や、協力活動を点検し、今後の活動方向を討議するためのものである。

座談会には、アメリカのベトナム戦争帰還兵協会の代表団のほか、ベトナム国防省や、国民対外委員会、ベトナム平和基金、ベトナム枯葉剤被害者協会、ベトナム復員軍人協会の代表らが参加した。

席上、参加者らは、「今後の両国関係にとって、もっとも重要な問題は戦争の後遺症の克服や、信頼の強化などであります。」との点で一致した。

アメリカのベトナム戦争帰還兵協会のマルシャ・L・フォー副会長は「両国は相手から多くのことを学べました。これは相互理解を深めるための方法です。対話と協力を通じて、両国国民に希望をもたらすと思います。ベトナムとアメリカはかつて、敵国でしたが、現在、相手国となっています。これは世界の共通の教訓となっています。」とのべた。

これより前に、25日、アメリカのベトナム戦争帰還兵協会はベトナム側に、戦争中に行方不明となったベトナム兵に関する資料を手渡した。
ソース:VOV