24/06/2016 10:50 GMT+7 Email Print Like 0

越・米 生物学的脅威縮小協力MOUを締結

22日、ハノイで、ベトナム農業農村開発省のカオ・ドク・ファット大臣とベトナム駐在アメリカ大使館のテド・オシアス大使は、生物学的脅威縮小に関する協力覚書を締結しました。

締結式で、ファット大臣は、動植物の疫病感染などによる生物学的脅威の縮小は世界各国の関心事となっていると述べ、今回の覚書は、生物学的脅威への防止対策においてベトナムとアメリカの協力を一段と拡大するであろうとの希望を表明しました。ファット大臣は次のように語りました。
(テープ)
「ベトナムとアメリカの長期的かつ強固な法的枠組みを作るため、両国政府は協力覚書を締結することの重要性を認識してきました。本日の覚書は、両国の協力拡大にしっかりとした基盤を作るものなのです。」
一方、アメリカのオシアス大使は、この覚書は、動植物の感染病への監視・管理における両国の協力を強化するもので、両国民の健康保護に寄与してゆくと述べ、両国関係の強化に向けた努力を示すものであると明らかにしました。
ソース:VOV