30/01/2015 09:21 GMT+7 Email Print Like 0

越ロ指導者ら、祝電を交わす

今年の1月30日のベトナムとロシア外交関係樹立65周年を記念するにあたり、チュオン・タン・サン国家主席や、グェン・タン・ズン首相、グェン・シン・フン国会議長らとロシアのプーチン大統領や、メドベージェフ首相、セルゲイ・ナルイシキン下院議長、ワレンチナ・マトヴィエンコ・ロシア連邦議会上院議長らはそれぞれ、祝電を交わした。

祝電の中で、ベトナムの指導者らは「この65年、 ベトナムとロシアとの関係は多くの困難と試練を乗り越え、良好に発展している。これは両国にとって貴重な財産である。ベトナム国民はかつての 民族の独立を勝ち取るための闘争と現在の国の建設発展事業に対するロシアの大きな支援を永遠に忘れることはない」と強調した。

一 方、ロシアの指導者らは「今後も、ロシアは経済、貿易、投資、工業、エネルギー、軍事技術などの分野における大規模なプロジェクトの実施のためベトナムと積極的に協力する用意がある。ベトナムと欧州・アジア経済連盟とのFTA=自由貿易協定の締結は双方間の協力関係に大きな展望を切り開く」と述べた。