09/01/2018 10:20 GMT+7 Email Print Like 0

資源環境省、総括会議を行う

8日午前、ハノイで、資源環境省は2017年の活動を総括し、2018年の計画を展開するオンライン会議を行い、チン・ディン・ズン副首相が出席しました。

席上、ズン副首相は同省に対し、環境や住民の生活条件の改善、国民あげての環境保護や汚染の処理への参加実現を集中的に推進し、再生エネルギーや次世代原材料の使用を激励するよう求めました。ズン副首相は次のように語っています。


「資源環境部門は土地や天然資源を厳格に管理しなければなりません。これは浪費、汚職の防止や、土地利用変化を目指すためのものです。」

さらに、ズン副首相は資源環境部門に対し、気候変動対応国家戦略、2016年~2020年期の気候変動対応・グリーン成長計画を精力的に実施し、気候変動抑制に関する多国間の国際的な協定「パリ協定」の展開を目指す具体的な行動計画を作成するよう指示しました。
ソース:VOV