20/02/2016 15:21 GMT+7 Email Print Like 0

行政改革顧問評議会、全体会議 を開催

19日午後、ハノイで首相の行政改革顧問評議会は全体会議を開催し、2015年の活動を総括し、2016年の任務を展開しました。席上、各企業の提案を受け、同評議会に属する各機関は生産経営に関する規定や行政手続きの改革を目指す様々な構想を各省庁に提出したとの報告がなされました。

同評議会議長を務める司法省のハ・フン・クオン大臣は2016年の重要な任務を強調した際、国会で採択され、発効を控える新しい法律を精力的に施行するとともに、今年中、制定される法律、法令に意見を提出し、行政手続きの簡素化を進める必要があるとの見解を示しました。
また、経営環境の改善や国家競争力の向上を目指す措置に関する政府決議に従って行政手続き改革の状況を評価するよう求めました。
ソース:VOV