19/01/2016 10:00 GMT+7 Email Print Like 0

行政手続簡素化指導委員会の会議

18日、ハノイで、行政手続簡素化指導委員会は、2015年の活動を総括し2016年の計画を展開する会議を行いました。席上、同委員会委員長を務めるグエン・スアン・フック副首相は「各部門、省庁、機関、地方は2016年の行政手続簡素化計画を早期に展開するように、今年の活動に関するガイダンスをできるだけ早く定める必要がある」と指示しました。
 

フック副首相は次のように語りました。

(テープ)

「住民に関する国家データベースに関しては、必要な手続を撤廃することはものの、作成作業の進捗度を加速させる必要があります。これは、国民への便宜を図るだけでなく、経営投資環境の改善にも寄与するからです。特に、ASEAN共同体に加盟のために、これを促進しなければなりません。」

このように語ったフック副首相は、同委員会に対し、国民身分証明書法や、戸籍法などの展開に力を入れるよう要請しました。

ソース:VOV