27/11/2018 11:32 GMT+7 Email Print Like 0

蓮の繊維で、生地を織る

1名のベトナム人の伝統的な蓮の繊維を使って生地を織る職人-ベトナムの国花で生地を織った。
ファン・ティー・トゥアン職人(ハノイ、ミードゥック郡、フンサー町)は、私たちと蓮の繊維から布を織る方法について興味ある話をした。
彼女は、長年に渡、シルクで生地を織った。2年間科学技術省の1名の幹部と出会った後に、蓮の繊維で、生地を織ることを決定した。
伝統的なシルク織りの経験があるが、トゥアン女史は1年間かけて蓮の繊維で生地を織る方法を研究した。



蓮の葉、蓮華の繊維は生地の原料になる。

ファン・ティー・トゥアン職人は蓮の繊維で、生地を織る最初のベトナム人である。


トゥアン職人により蓮の茎から引き出される繊維。


蓮の茎から引き出される繊維。


   蓮から取れた繊維。


シルクを織る前に、繊維の状態を検査するフン・サー(Phung Xa)伝統的なシルクを織る村の職人たち。


      蓮の繊維は生地を織る原料になる。


糸撚りの過程は慎重に行う。


フンサー村の織機で織られる蓮の繊維


蓮の繊維で織ることは難しいので、職人は経験を積むことが必要である。


原料の蓮の繊維で織ることは技術と経験が必要で、慎重に織らなければならない



蓮の繊維で織られたハンカチ。


2年間の研究後、ファン・ティー・トゥアン職人は、出来上がった生地を手にして、喜びの意を表す。

蓮の繊維を使ったの原料で、生地を織る過程は困難である。最初に職人は蓮の茎を準備する。その後、茎から繊維が取り出される。250グラムの蓮の糸を作るために、職人は10日間で約3,000本の茎が使われる。

その後に、蓮の繊維から撚られた糸は織機で織られる。この数年間フンサー村の職人たちは数ヶ月間に、製品を成功に作るために、蓮の絹糸で、織る。最後に、トゥアン職人は原料である蓮の葉や花からも繊維を作りだし、織られた生地対して、満足の意を表す。トゥアン職人は新たな生地を織り日増しに発展し、フンサー村‐彼女の故郷の人民たちの生計を援助することを希望する。

文、写真:ヴィエット・クオン