15/01/2014 10:27 GMT+7 Email Print Like 0

聖職者、修行者への憲法普及

13日、ホーチミン市で、政府宗教委員会は「聖職者、修行者への2013年憲法の普及」に関する会議を開催した。
会議で、南部の各省と市の聖職者、修行者およそ100人が2013年の憲法の基本的な内容に耳を傾けました。2014年1月1日に発効した憲法は複数の重要で新たな点があり、人権と国民の権利を明確にしています。また、憲法は「全ての宗教は法律によって平等に扱いされ、国家から尊重されている。」強調する。
聖職者と修行者らは2013年の憲法の内容を高く評価するともに、「憲法の基本的な内容や思想を信徒らに十分に布教できるように、憲法をさらに集中的に研究する」と明らかにした。
ソース:VOV