17/07/2019 15:18 GMT+7 Email Print Like 0

絵本作家、長野ヒデ子さん、ベトナム人の子供たちの友達

お母さんであり、おばあさんの絵本作家長野ヒデ子さんは、日本の子供たちに広く知られ、世界で人気のある絵本を作り、ベトナムで出版された絵本はベトナム人の子供たちに知られている。
絵本作家の長野ヒデ子さんの子供向けの作品は楽しく、素朴であるが細かなイラストなどを知りたい子供たちの観察力を喚起させた。ベトナムではベトナム語に翻訳され、出版された長野ヒデ子さんの作品は「デパートに行きたい魚のたい子さん」、「お母さんがお母さんになった日」、「ネコの体操」、「引っぱれ引っぱれ」などである。

ベトナムの文化を愛する長野ヒデ子さんはベトナムの子供たちに絵本への愛情を伝える想いで、More Production会社と協力し、日本の絵本および自分の新しい作品のテーマについて紹介し、意見交換した。

ベトナムにいる日で、長野ヒデ子さんは絵本を描く活動、そのアイディアと内容などについて意見交換し、子供たちに創造の活動のインスピレーションを伝えた。

 

ベトナム人の子供たちと交流する絵本作家、長野ヒデ子さん

子供たちに金魚のたい子さんの人物の作り方を教える長野ヒデ子さん

画紙に魚のたい子さんを描くことに夢中になるベトナム人の子供たち


ベトナムの子供たちに教えている長野ヒデ子さん


子供たちが作った紙のたい子さん


ベトナムで出版された絵本作家、長野ヒデ子さんの「デパート行きたい魚のたい子さん」と「引っぱれ引っぱれ」の作品


ベトナム人の子供たちと写真を撮る絵本作家、長野ヒデ子さん
 

多くのベトナム人の子供たちは絵本作家長野ヒデ子さんとゲーム遊びをしたり、多くの絵本を読んでいただいた。特に、絵本作家、長野ヒデ子さん面白い動物や魚のたい子さん、色々な操り人形などを紙で作った。

絵本作家、長野ヒデ子さんがおばあさんと感じている子供たちの目を見ると、多くの父兄たちは感動した。自分の子供を世話する時のきっかけで、自分の絵本を創作することを知る人は少ないである。お母さんの愛情は絵本のイラストに込めた。石風社が出版した「とうさんかあさん」は絵本日本賞文部大臣賞受賞を受賞した。


「デパートに行きたい魚のたい子さん」の作品を見ると、大人は簡明な文を感じ、子供たちは長野ヒデ子さんが描いた帽子をかぶった魚の姿に魅かれた。

長野ヒデ子さんによると、子供向けの絵本を作る時、多くの子供たちと出会い、その子供たちに喜びを与え、それが、子供たちに与える自分の作品の価値である。長野ヒデ子さんも「私は各国にいる子供たちが多くの本が読めることを期待します。子供たちが本を読むことに期待しているが、実際は本の価値を理解するための環境があることも必要です。そのため、遊ぶことと読むことのバランスを作り、本を読むことでそれを助けます。絵本を通じて、子供たちが日常生活の中のことがどのように絵本に入っているかのについての想像力が発揮されると期待しています。子供たちが成長した時、絵本から受け入れた知識で社会の中の問題が解決できるようになると思います。」と述べた。


ベトナム人の子供たちが紙で作った作品を見る長野ヒデ子さん


長野ヒデ子さんの指導により、完成したベトナム人の子供たちが作ったたい子さんの作品


教育面での価値を持つ日本の絵本を使った教育は、ベトナム人の子供たちに積極性を与える。
 
ベトナムで長野ヒデ子さんの作品を発行するMOREプロダクションCEOの勝恵美さんは、ベトナムの幼児たちに日本の絵本を紹介するために各作者と直接のやりとりに努力している。長野ヒデ子さんの作品の中には好きなキャラクターや人物が描かれ楽しく遊べる。

78歳になった今も、長野ヒデ子さんは子供たちのため多くの作品作りに夢中である。長野ヒデ子さんは紙芝居研究会会長であり、平成29年度久留島武彦文化賞を受賞した。

文:ビック・ヴァン
撮影:コン・ダット