20/05/2015 09:20 GMT+7 Email Print Like 0

米国務副長官、ベトナムを訪問

18日、ハノイで、グェン・ティ・キム・ガン国会副議長はベトナムを訪問中のアメリカのブリンケン国務副長官と会見した。

席上、ガン副議長は「まもなく開催される第9回会議で、ベトナム国会は人権保護などに関する多くの重要な法案や法改正案を採択する」と明らかにした。また、ガン副議長はアメリカとの友好協力関係の重要性を再確認した上で、「両国の指導者らが達成した共同宣言に沿って全面的なパートナーシップが更に深化していく」よう期待を表明した。

同日、ファンム・ビン・ミン副首相はブリンケン国務副長官と会見した。席上、双方はベトナム・アメリカ国交樹立20周年を記念する活動を通報し、その中で、年末に行われる予定のグェン・フ・チョン共産党書記長によるアメリカ訪問の重要性を強調した。ミン副首相はTPP=環太平洋戦略的経済連携協定の交渉が促進されるよう期待を表明した。

ベトナム東部海域問題に関し、ブリンケン国務副長官は、1982年国連海洋法条約とDOC=海上行動宣言に沿って平和的措置で紛争を解決することへの支持を表明した。

更に、ベトナムのチャン・ダイ・クァン公安大臣もブリンケン国務副長官と会見した。
ソース:VOV