19/04/2019 00:01 GMT+7 Email Print Like 0

第44回の「アジア・太平洋ニュース通信社首脳会議(OANAサミットコングレス)」についてのプレス リリース

ベトナム通信社(ハノイ、2019年4月19日)-「TTXVN (Hà Nội, 19/4/2019) – 「創造性、専門性がある報道のため」と題された第44回の「アジア・太平洋ニュース通信社首脳会議(OANA)」は、ベトナム通信社により主催され4月19日に、ハノイで開催された。第44回の「アジア・太平洋ニュース通信社首脳会議(OANA)」の時事性がある主な内容がビデオ、YouTubeに集まり、視聴者がそれらの情報を得る習慣に対応するための通信の戦略、ニュースと報道情報確認、オーソドックスなプレスに対する信頼を再び得ることを含む。

OANA のメンバー通信についての情報を読む外国人の代表たち。撮影:ベトナム通信社
第44回の「アジア・太平洋ニュース通信社首脳会議(OANA )には、Azertac (アゼルバイジャン)、タス通信 (ロシア)、新華社 (中国)、共同通信社 (日本)、聯合ニュース (韓国)、AAP (オーストラリア)、BTA (ブルガリア)などの数多くの有名な通信を含む40名の国際代表、執行委員会のメンバー通信の代表、OANAメンバーの代表らが出席した。
第44回の「アジア・太平洋ニュース通信社首脳会議(OANA )の開催を歓迎するスピーチで、ヴ―・ドゥック・ダム副首相は会議のテーマを高く評価し、創造性、専門性があるニュース報道は、読者、聴衆に魅力があり、人々からの信頼を収穫することに貢献を果たす。ヴ―・ドゥック・ダム副首相によると、専門性、創造性に向けた報道活動を促進することは正確なニュース、情報を提供し、社会発展を促進し、平和を維持するために、報道機関と組織の強みを促進する。
ヴ―・ドゥック・ダム副首相によると、第44回の「アジア・太平洋ニュース通信社首脳会議(OANA )に出席した通信社の代表はデジタル時代に合わせ、戦略開発、建設について経験と意見を交換をし、情報交換活動を高めるための方法を提出し、アジア・太平洋-世界における最もダイナミックに発展する地域(世界の人口の50%を占め、全世界の国内総生産の43%を占める地域)についての情報と影響力の強化について意見交換をした。
会議でのスピーチで、グエン・ドゥック・ロイベトナム通信社社長は伝統的な報道が競争環境に、活動するとき、通信の重要な役割を強調した。
全世界における40億人はインターネットを使用し、情報ネットワークを使用するので、報道は読者と競争しなければならない。真実のニュースは誤ったニュースと供に存在する状況は正統性のある報道に対する信頼を失う。
この問題を克服するために、OANAメンバーは報道機関と視聴者に、真実のニュースを提供する責任を追うために、情報を提供しながら、情報を検証する役割を実施するために変化を必要とする。改革と創造性を応用することは現代的な報道の不可欠なことである。グエン・ドゥック・ロイベトナム通信社社長によると、これはOANA書記委員会とベトナム通信社が第44回の「アジア・太平洋ニュース通信社首脳会議」のために、「創造性、専門性がある報道」をテーマに選んだ理由である。
前の「アジア・太平洋ニュース通信社首脳会議(OANA)サミットコングレス)」に続いて、今回の会議において、各代表はデジタル時代における通信の効果を高める方法、OANA技術、編集委員会、倫理委員会の報告書について討論し、新しいアイデアについて意見を交換し、デジタル時代における新しいテクノロジーの応用を報告し、OANA賞-メンバー通信の優れた賞を公布した。第44回の「アジア・太平洋報道通信社首脳会議の場で行われた11社の写真展は各通信社が経験を分かち合い、地域内の写真記者のプロとしての写真技術を競う場となった。
OANAは地域内の各諸国間の情報交換の促進を目標に、文化・教育・科学組織(ユネスコ)のイニシアチプに基づいて、1961年に設立された。58年に渡り、35ヶ国の地域から44社の通信報道機関はOANAのメンバーになった。この60年間に参加した通信社はOANAに大きな影響を作り出した。
全世界と地域における信用のあるプレスフォーラムの役割を表わするばかりでなく、OANAは地域内のトップの新聞記者のプレスフォーラムである。協力する過程において、OANAメンバーの通信は報道の発展に適した活動をし、常に、変化を見せる。連続性のある努力と良い結果で、OANAは世界テレコム通信に、地域内の報道組織の役割として信用があり、効果的な活動を表わしている。
ベトナム通信社は1969年に、OANA のメンバーになり、積極的に活動してきた。ベトナム通信社はベトナム共産党、政府の政策、方針を紹介し、ベトナム国と人民を紹介するために、OANA 通信チャンネルで情報を対外に宣伝した。ベトナム通信社は2任期(2013年から現在)OANA 執行委員会のメンバーに選ばれた。ベトナムは1989年、1999年、2005年に、そして2019年に、「アジア・太平洋ニュース通信社首脳会議を主催した。
ベトナム通信社が第44回の「アジア・太平洋報道通信社首脳会議を主催したことはこの多国間のプレスフォーラムにおけるベトナム国家の通信社の役割を表現する。
第44回のアジア・太平洋報道通信社首脳会議でのスピーチで、アサロン会長によると、ベトナム通信社が今回の第44回の「アジア・太平洋ニュース通信社首脳会議を主催することは大きな意義があり、報道の共同発展に対するベトナム政府の貢献を表明し、各報道機関とテレコム通信機関との友好関係を促進し、双方が、全世界の問題について討論するチャンスである。
アスラン氏によると、ベトナム通信社はOANA執行委員会の積極的な委員会のメンバーの1つである。「アジア・太平洋ニュース通信社首脳会議(OANA)を主催し、専門的な報道に向け、ベトナム通信社はアジア・太平洋地域のトップの通信の位置と役割を表わす。
Aslan Aslanov氏・アジア太平洋通信社機構(OANA)の会長は第44回の「アジア・太平洋報道通信社首脳会議が各通信社間の協力関係を促進し、フレキシブルな情報交換のメカニズムを作り出し、地域内の報道発展の促進に貢献を果たす。
ベトナム通信社