20/09/2018 10:21 GMT+7 Email Print Like 0

第4次産業革命における職業教育の刷新

ベトナムは職業教育の刷新を第4次産業革命がもたらすメリットを活用するためのものと見なしています。
18日、ホーチミン市で、職業教育総局は、ボッシュ・レックスロス社や、GIZ=ベトナム職業訓練刷新プログラムと連携して、「職業教育刷新事業に対する第4次産業革命の要求」をテーマにした国際シンポジウムを行いました。
席上、労働傷病軍人社会事業省のレ・クアン次官は、「質の高い人材育成への第4次産業革命の技術導入は全世界の流れとなっているが、その一方で、第4次産業革命のメリットを効果的に活用するためには、能力が高い人材を育成しなければならない」と指摘しました。
また、「職業訓練は社会の需要にしたがって進める必要がある」と再確認しました。シンポジウムで、ベトナムの9校の高等専門学校は国際高等専門学校「LILAMA」と協力合意書を締結しました。
ソース:VOV