03/12/2015 09:56 GMT+7 Email Print Like 0

第19回ベトナム映画祭、ホーチミンで開幕

1日夜、ホーチミン市で、第19回ベトナム映画祭が開幕しました。今回の映画祭には125の応募作品があり、その中で、33の作品が選ばれ上映されます。

これらの作品は、映画、ビデオ映画、ドキュメンタリー、科学、アニメといった5つのカテゴリーで、優秀監督、優秀俳優、優秀脚本などの賞を競います。今年の映画祭について、審査委員会の委員を務めている監督ヴ・スアン・フン氏はつぎのようにかたりました。

「今年の映画祭に応募した作品は内容面でも芸術面でもよいと思います。内容面では、応募作品はテーマが豊かで、登場人物も多いですし、生活に関連する問題について深く触れています。芸術面では、合理性の不足などベトナム映画に残されている問題を解決することができ、映画の面白さを増しています。」

なお、今年の映画祭には、鑑賞者が選ぶ観客賞もあります。
ソース:VOV