25/05/2019 09:52 GMT+7 Email Print Like 0

第10回、中央理論評議会で2045年までのビジョン討議

会議で、参加者らは、第13回党大会に提出される文書草案の作成に奉仕する理論的・実践的問題を明確にするとともに、向こう数年間の国の状況やチャンスと試練を予測した他、2025年、2030年までの国の発展目標と2045年までのビジョンについて討議しました。

24日、ハノイで、中央理論評議会の第10回会議が開催されました。

会議で、参加者らは、第13回党大会に提出される文書草案の作成に奉仕する理論的・実践的問題を明確にするとともに、向こう数年間の国の状況やチャンスと試練を予測した他、2025年、2030年までの国の発展目標と2045年までのビジョンについて討議しました。また、第13回党大会の任期における文化の発展、社会公平の遂行、経済社会発展、政治の刷新、重要な任務、画期的な方向などについても集中的に討論しました。

中央理論評議会の一員であるチャン・コック・トアンさんは次のように語りました。

「我々は、人材開発に関する画期的な方向について討議する必要があります。質の高い人材は、新たな段階における国の発展過程に対応できるからです。」