08/08/2016 10:07 GMT+7 Email Print Like 0

第48回AEM ASEAN経済共同体の構築を促進

6日午後、ラオスの首都ビエンチャンで、第48回(AEM)ASEAN経済閣僚会議、及び、関連会議が4日間の議事日程を終えて閉幕しました。

会議で、ASEAN東南アジア諸国連合加盟諸国の経済閣僚らは、ASEAN貿易円滑化枠組み、ASEAN食品安全管理枠組み、ASEAN中小企業の財政支援枠組みなどASEAN経済共同体の構築に必要な合意について協議・承認しました。会議に参加したベトナム代表団の団長を務めたチャン・トゥアン・アイン商工大臣は、次のように語りました。
(テープ)

「これらの合意は、ASEAN経済共同体の各協定を具体化し、実行に移すことに役立つもので、ASEAN経済共同体の構築を促進させると期待しています。」

今回の会議で、ベトナムは、カンボジア、ラオス、ミャンマー、ベトナムの4カ国とほかのASEAN加盟国との発展格差を是正するための2017・2018年期の行動計画を提出し、ASEAN加盟国の評価を受けました。そして、ベトナムは、この4カ国と日本、及び、メコン川流域と日本との協力を拡大するイニシアチブを出しました。

ソース:VOV