22/04/2020 10:09 GMT+7 Email Print Like 0

移民の入国を一時停止する大統領令に署名へ=トランプ大統領

(VOVWORLD) -トランプ大統領は、移民の入国を一時停止する大統領命令に署名する方針を示しました。
大統領は20日遅く、ツイッターに「目に見えない敵からの攻撃と、偉大なアメリカ国民の職を守る必要性に鑑み、米国への移民を一時停止する大統領令に署名する」と投稿しました。

ロイターの集計によりますと、米国内の新型コロナウイルス感染症による死者数は20日、累計で4万2000人を突破しました。国内の経済活動は事実上、停止状態にあり、先月は220万人以上が失業保険を申請しています。

トランプ大統領(共和党)が2016年の大統領選で掲げた移民を抑制するという公約が、新型ウイルスがもたらした健康・経済面の危機により実質的に実現することとなりました。民主党からは直ちに激しい非難の声が上がっています。ホワイトハウスは決断に至った背景や時期、法的根拠などこれ以上の詳細への言及を避けました。

米移民・関税執行局の局長代理を務めたトーマス・ホーマン氏は「今回のパンデミック(世界的な大流行)局面において、国内の就労機会を守るという点で理にかなっている。移民だけの問題ではない。パンデミックに対処し国内の安全を保つ一方、失業した自国民の機会を守るという問題だ」と述べました。