26/11/2015 11:47 GMT+7 Email Print Like 0

祖国戦線のニャン議長、フェイシングザワールドの代表と会見

23日午後、ハノイで、ベトナム祖国戦線中央委員会幹部会のグェン・ティン・ニャン議長はベトナムを訪問中のリチャード・ヤング医師率いるイギリスの慈善団体フェイシングザワールド(Facing the world)と会見を行いました。

会見で、ニャン議長は今後、フェイシングザワールドが自らの活動の拡大に力を入れ、ベトナムの医師に対する専門的技能の育成プログラムを促進するよう希望を表明しました。また、ニャン議長は「ベトナム祖国戦線がフェイシングザワールドがベトナムで事業活動を行う際に直面する困難の解決を支援する用意がある」と強調すると共にフェイシングザワールドの活動に貢献する国外在留ベトナム人の数を増やすため働きかけることを確約しました。

なお、フェイシングザワールドは外観の異常や奇形で悩んでいる発展途上国の子供を治療するため設立されたイギリスの慈善団体で、これまで世界の20ヶ国の子供40人の治療をしてきました。この8年間、フェイシングザワールドは中部ダナン市での医療スタッフ訓練コースを開きました。今年、同団体はベトナムの患者の診察と手術を行います。:VOV