19/12/2015 15:46 GMT+7 Email Print Like 0

社会保険、医療保険の宣伝活動を強化

 2020年までに、労働者のおよそ50%が社会保険、35%が失業保険に加入する。


19日、ホーチミン市で、中央教育宣伝委員会はベトナム社会保険と連携して、全国会議を開催し、社会保険、医療保険の宣伝活動の実施状況を評価しました。

会議で発言に立った社会保険機関の社長を務めるグェン・ティ・ミン財政次官は「ベトナム共産党政治局が『2012~2020年期の社会保険と医療保険作業に対する党の指導力の強化』に関する決議を始めて発行させたことは、社会福祉システムに対する党の全面的な関心を示している」と強調しました。

ミン次官によりますと、2020年までに、労働者のおよそ50%が社会保険、35%が失業保険に、そして、人口の8割 以上が医療保険に加入するという目標を達成するためには、各レベルの政治システムの努力が求められます。中でも、社会保険、医療保険に関する政策や法律の宣伝を進め、それらの政策と法律の履行に向けたそれぞれの部門や団体、個人の責任感を向上させなければならないとしています。
ソース:VOV