23/01/2021 08:01 GMT+7 Email Print Like 0

石炭部門 生産活動の効果向上を目指す

(VOVWORLD) - 21日、ハノイで、ベトナム石炭・鉱産物グループは、2020年の活動を総括し、2021年の任務を展開する会議を開きました。

会議で発言に立ったチン・ディン・ズン副首相は、石炭部門は火力発電所の燃料を始め、生産活動と国民の生活の石炭ニーズに応えるために取り組む必要があると求めました。また、石炭・鉱産物グループに対し、生産活動の効果を高めながら、政府が打ち出している2021年の任務に基づいて生産経営計画を立案・展開するよう要請しました。
なお、ベトナム石炭・鉱産物グループは、2021年の石炭ニーズは2020年とあまり変わらないと予測しており、今年の年商を昨年と同じ約124兆ベトナムドン(日本円で約5600億円)にする目標を掲げています。