28/01/2016 09:51 GMT+7 Email Print Like 0

汚職防止対策事業に対する党の指導を強化

27日、ハノイで、最高人民検察院はサテライト会議を開き、汚職防止対策法のこの10年の展開状況、及び、汚職防止対策に対する党の指導の強化に関する党政治局の指示の実施状況を総括しました。会議で、最高人民検察院のグエン・ハイ・フォン副院長は発表を行い、その中で、汚職防止対策は、常に重点的な任務としてみなされていると強調しました。また、各レベルの検察院に対し、党政治局の指示を徹底的に実施するために、具体的な行動計画を作成するよう求めました。
ソース:VOV