12/03/2020 10:03 GMT+7 Email Print Like 0

欧州8カ国へのビザ免除を停止 3月12日より

ベトナムは3月12日の0時をもってデンマーク、ノルウェー、フィンランド、スウェーデン、イギリス、フランス、スペイン、ドイツ8カ国へのビザ免除を一方的に停止することにしました。

これは、11日午前ハノイで行われた新型肺炎予防対策国家指導委員会の会議で出された情報です。

会議で、同委員会は、欧州の感染状況や、国境検問所での医療申告制度の実施、出入国者の管理、感染流行地域からの入国者の隔離、国内での感染拡大への対応計画などについて協議しました。

会議で発言に立った同委員会の委員長を務めるヴ・ドゥク・ダム副首相は、入国者全員への医療申告制度の義務化を始め、入国者への監視・管理を強化することの重要性を強調し、医療申告制度に違反した人はベトナム法律に従って厳格に処されると明らかにしました。

また、空路の利用者同士の感染を抑制するため、飛行機と空港の中で、マスクの着用を義務化させる必要があるとし、空港に対し、お客さんにマスクを無料で配るよう求めました。さらにダム副首相は、感染の疑いがある人に入国を許可しない方針を明らかにしました。

なお、ビザ免除の停止は2月29日から韓国、3月3日からイタリアに適用されています。
ソース:VOV