04/08/2015 10:06 GMT+7 Email Print Like 0

枯葉剤被害者を支援する交流会

8月10日の「ベトナム枯葉剤被害者デー」とホーチミン市枯葉剤被害者協会設立10周年記念日を迎えるに当り、2日夜、ホーチミン市で、「枯葉剤被害者の痛みを癒すため」と題する交流会が行われました。


席上、文芸公演のほか、枯葉剤被害者支援運動に積極的に参加している個人や団体の代表らは参加者らと交流しました。また、枯葉剤をはじめ化学戦争の被害に関するドキュメンタリー映画も上映されました。

交流会に参加した被害者グエン・ドゥクさんは次のように話しています。

「現在、被害者の生活は一段と改善されてきました。私たちは、全社会の関心を受けています。今後も、その支援が続くよう望んでいます。」

この機に、政府は、ホーチミン市枯葉剤被害者協会に表彰状を授与しました。なお、この10年間、同協会は140億ドン(約8000万円)を拠出し、5200人の被害者を支援してきました。
:VOV