03/08/2015 10:09 GMT+7 Email Print Like 0

枯葉剤被害者のために8千人規模の歩行会

2日午前、ホーチミン市のダムセン文化公園で枯葉剤被害者のための歩行会が行なわれ、およそ8千人が参加しました。これは8月10日の「ベトナムの枯葉剤被害者の日」に応じてホーチミン市の枯葉剤被害者協会に主催により行なわれたものです。

この席で、ベトナム枯葉剤被害者協会のグエン・バン・リン会長は「この活動は枯葉剤による被害への社会共同体の認識を向上させ、枯葉剤被害者の支援を呼びかけることが狙いである」と強調しました。

また、この歩行会はベトナムの枯葉剤被害者はベトナム戦争中、アメリカ軍が散布した枯葉剤を生産したアメリカの化学製薬会社を相手取って起こしている告訴へのベトナム国民の支持を示すものでもあるとしています。
ソース:VOV