05/02/2015 09:48 GMT+7 Email Print Like 0

旧正月テトでの支援活動

 旧正月テトを迎えるにあたり、4日午前、ホーチミン市で、ホーチミン市青年突撃部隊の代表は国の独立のため身を捧げた青年突撃部隊の元隊員、傷病軍人の家族を訪れ、テトの贈り物を手渡しました。また、南部チャビン省の指導者代表団は同省に住む革命功労者、英雄称号を持つ母親、傷病軍人、戦没者の遺族の元を訪れ、テトの贈り物を渡しました。
一方、北部山岳地帯イエンバイ省の「貧困者のための日」担当委員会は省内に住む貧しい人々およそ3千人にテトの贈り物を渡しました。イエンバイ省ルック・イエン県人民委員会のブイ・バン・ティン( Bui Van Thinh) 委員長は次のように語りました。
(テープ)
「私たちは県内にあるすべての村や町に住む貧困世帯、革命功労者の数を把握した上で、補助計画を作成します。すべての人々が楽しいテトを過ごせるように全力を尽くします。」
一方、北西地帯指導委員会はイエンバイ省ルック・イエン県とイエンビン県に住む貧困世帯と革命功労者200人分におよそ1億ドン相当のテトの贈り物を手渡しました。今回の贈り物を受けたイェンバイ省のモン族出身の住民ホー・ティ・ドゥ ( Ho Thi Du) さんは次のように語りました。
(テープ)
「私の集落に住む人々はテトのプレゼントの他、薬ももらい、みんな嬉しいです。今年、私たちは楽しいテトを過ごせることでしょう」
ソース:VOV