02/11/2018 14:13 GMT+7 Email Print Like 0

日本語教師育成強化特別事業を開始へ、日越首脳会談でも合意

 在ベトナム日本国大使館と国際交流基金ベトナム日本文化交流センターは10月24日、大使公邸で日本語教師育成強化特別事業開始記念セレモニー兼事業説明会を共同で開催した。

 同セレモニーは、2017年6月に東京で行われた第23回国際交流会議「アジアの未来」晩餐会において、安倍晋三首相が打ち出した日本語教師育成イニシアティブに基づき、ベトナムで「日本語教師育成強化特別事業」が開始されることを受けたもの。

 10月8日に東京で行われた日越首脳会談でも合意があったとおり、ベトナムにおける日本語教師育成強化特別事業の開始、日本語教育のための両国の協力強化は、両国首脳レベルでも関心が高い事項となっている。

 ベトナムは日本語能力試験(JLPT)受験者数が2017年に世界第3位となったほか、2019年の秋からは小学校における第一外国語としての日本語教育が「普及段階」に移行することが期待されるなど、近年日本語学習のニーズは極めて高まっている。

 しかし一方で、日本語教師の質的・量的向上が喫緊の課題となっており、日本語教師育成強化特別事業は日本政府と国際交流基金、ベトナムの教育機関が協力してこの課題に対処するもので、日本語教育環境の更なる向上に資することが期待されている。
ソース:Vietjo