14/11/2018 09:29 GMT+7 Email Print Like 0

日本政府、ドー・ムオイ元書記長に旭日大綬章を叙勲

日本政府は9日、10月1日に死去した故ドー・ムオイ元書記長に対する旭日大綬章の叙勲を発表した。

 故ドー・ムオイ元書記長は、1988年6月から1991年8月まで首相、1991年6月から1997年12月まで書記長を務めた。1992年の日本の対越援助再開、ベトナムの最高指導者として初めての公賓訪日を通じて日越関係を切り開いた。

 また、1995年から2001年にかけては「市場経済化支援開発政策調査(石川プロジェクト)」を通じた経済関係強化にも尽力し、その後の日越経済関係の基礎を築いた。

 なお、2006年にはファン・バン・カイ元首相が、2007年にはブー・コアン元副首相が、2012年にはファム・ザー・キエム元副首相 兼 外相が、それぞれベトナム人として旭日大綬章を受章している。
ソース:VOV